2016 CQ World Wide DX Contest CW

20015年11月26日〜11/27日 48時間 SOABH
 世界的にメジャーな48時間コンテストです。 今年もまた参加しました。 
暫くコンテストから遠ざかって居たので、野暮用を引き受けない様にして、フル参加の予定で、出来るだけ真面目に参加しました。

 去年までのお空の状態は21Mが頑張って居たのですが、早くも今年はSSNの低下の影響が出てきました。 21M以上の状況が最悪の状態と成りました。
最終日の朝、14MでW方面とのQSO中にOX5からのコールがあり、ビックリしました。 毎回Zone 40は遠い存在でしたが、向こうから呼んできたので、一瞬耳を疑った位でした。 

今回は、1.8Mと 3.5Mのスローパーが不具合で7Mから上だけに成ったので、マルチがその分減って仕舞いましたが、兎も角1500を超える事が出来て良かった事と成りました。
Band QSO Points Zone Country Score
1.8 0 - - -
3.5 0 - - -
7 411 1044 31 67
14 833 2325 31 72
21 244 677 25 49
28 28 50 15 18
Totals 1516 4096 102 206 4096x(102+206)=1,261,568

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。
















2015 CQ World Wide DX Contest CW

20015年11月28日 09:00〜11/30日 08:59 JST 48時間 SOABH
 世界的にメジャーな48時間コンテストですが、今年も参加しました。 今年も行事予定も無買ったので、フル参加が可能でした。
年々歳と共に執着心が無くなって居るので、CQ ランニングしていても呼ばれなくなると、集中力が途切れがちに成ります。 何処かのバンドで僅かでも開けて居れば、その僅かなチャンスに期待して続けることに努力しました。

 事前に160 mと80mのスローパーが同調が取れなく成っている事に気付いていたのですが、天候が悪くて手付かずになってしまった為に、今回は40mから上で参加しました。
終わってみたら、15mが数的に良かった事、10mが去年ほど稼げなかった事、20mではZone 2, 6, 7, 21, 29, 34が出なかったのですが、アフリカの33, 35, 36, 37, 38, 39が出来たのは、ラッキーでした。

全バンドを通して出来なかったのは、Zone 2, 34の二つだけで、自分的には新記録かと思いました。

Band QSO Points Zone Country Score
1.8 0 - - -
3.5 0 - - -
7 349 895 28 66
14 500 1362 34 79
21 724 2059 29 59
28 69 177 17 22
Totals 1642 4493 108 226 4493x(108+226)=1,500,662

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。
















2015 CQ World Wide DX RTTY Contest

9月26日09:00〜28日 48時間 SOABH
土曜日は日中福島市まで行って来る用事が有ってフル参加出来ませんでしたが、久し振りにコンディションが程々に良かった事で、結構楽しめました。
特にアフリカ方面のパスが開けたので、Zone 33, 35, 36, 37, 38 が出来たのは嬉しい誤算でした。

Category: Single Op. All Band High power
Band QSO Points Zone Country Sta. Score
3.5 2 4 2 2 1
7 71 167 13 18 14
14 231 637 28 65 19
21 577 1702 30 71 46
28 46 122 16 20 3
Totals 927 2632 89 176 83 2632X(89+176+83)=915,936

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。

















2014 CQ World Wide DX Contest CW

20014年11月29日〜12/1日 48時間 SOABH
 世界的にメジャーな48時間コンテストですが、今年も参加しました。 幸い野暮な用事も無くて、フル参加の予定でしたので、出来るだけ手を抜かない様に努力しました。

 昨今の28Mは、聞こえるチャンスか限られた経験から、真っ先に28MでCQランニングから始めましたが、間も無く反応が少なくなったので、21Mへ、と順次バンドを変えてみましたが、今年も14Mの悪さが気になりました。
 21Mの反応が悪くなってからは、14Mに移りましたが、反応が悪く、結果的にS&Pで拾い歩きを続けた結果、最後のデータを見ると、QSOの割にマルチの数が多くなりました。

 思った以上に28Mが伸びたので、昨年の結果を大きく上回りました。
マルチは、昨年より少なくなったのは、NAの数で稼いだ結果でした。 NAは、VE, Wがメインで、数頼みで、マルチが増えない宿命的な様相です。
兎も角、久し振りに数が稼げたコンテストでした。
Band QSO Points Zone Country Score
1.8 5 9 4 4
3.5 38 83 13 12
7 323 864 27 57
14 303 858 24 62
21 649 1830 29 55
28 531 1458 27 55
Totals 1852 5102 124 245 5120x(124+245)=1,832,638

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。
















2014 CQ World Wide DX RTTY Contest

9月27日09:00〜29日 48時間 SOABH
土曜日は多忙で夜になってから参加しましたので、完全に出遅れた形でした。

Category: Single Op. All Band High power
Band QSO Points Zone Country Sta. Score
3.5 0 - - - -
7 49 107 12 14 10
14 51 144 12 22 11
21 316 916 21 47 42
28 59 163 18 27 5
Totals 475 1330 63 110 68 1330X(63+110+68)=320,530

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。

















2013 CQ World Wide DX Contest CW

20013年11月23日〜24日 48時間 SOABH
今回は、タワーの上部に北米向けに固定していた7MのRDを滑車を利用して方向を変えられる様にしました。その結果ヨーロッパにも向けられる様になり、スコアが伸びました。
コンディションは、相変わらず14Mのパスが悪く、トータル的には、昨年のQSO数に及びませんでしたが、ローバンドを頑張ったので、トータルスコアが上がりました。
Band QSO Points Zone Country Score
1.8 22 48 9 13
3.5 34 81 14 16
7 340 903 26 55
14 234 663 26 52
21 674 1920 27 53
28 286 774 27 56
Totals 1590 4388 129 245 4388x(129+245)=1,641,112

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。
















2013 CQ World Wide DX Contest Phone

20013年10月26日〜27日 48時間 SOABH
久しぶりにSSBコンテストに参加しました。と言っても初日は仕事が有って夜から開始でしたし、終了前にスケジュールで離脱など、半端な参加となりました。
21,28の北米が良く開けたので可成り楽しめました。
Band QSO Points Zone Country Score
3.5 5 3 3
7 52 18 18
14 145 27 64
21 438 30 69
28 424 22 42
Totals 1064 2986 100 196 2986x(100+196)=883,856

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。
















2012 CQ World Wide DX Contest CW

20012年11月24日〜25日 48時間 SOABH
秋になって14Mが何とか開ける様に成ったのですが、北米方向は相変わらず21Mがメインでした。 昨年良かった28Mがパットせずでしたが、21Mである程度の数を稼ぎ、他のバンドでマルチを拾う形でトータルとしては1600局を超える迄になりました。 通常の生活ペースを守っての結果ですが、夜中までやれば可成りな所まで行けたかも知れません。 歳を考えて健康第1で楽しんだ結果でした。
Band QSO Points Zone Country Score
1.8 11 18 8 7
3.5 28 54 11 10
7 328 852 27 58
14 477 1348 28 64
21 653 1835 28 64
28 126 316 26 35
Totals 1623 4423 128 238 4423X(128+238)=1,618,818

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。














2012 CQ World Wide DX RTTY Contest

9月29日〜30日 48時間 SOABH
土曜日は所用で、日曜日は友人の祝賀行事の「およばれ」などで参加したのみの結果となりました。

Category: Single Op. All Band High power
Band QSO Points Zone Country Sta. Score
3.5 0 - - - -
7 69 172 15 16 13
14 111 314 20 43 8
21 211 611 21 49 10
28 209 617 21 43 24
Totals 600 1714 77 151 55 1714X(77+151+55)=4850,62

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。

















2011 CQ World Wide DX Contest CW

2011年11月26日〜27日 48時間 SOABH
この秋は相変わらず10mが素晴らしい状況が続いていました。それに引き替え20mはLUFが高い影響でしょうが開ける時間が短くて思う様に行きませんでした。久しぶりに1400局台をマーク出来て楽しめたコンテストでした。
Band QSO Points Zone Country Score
1.8 12 29 7 7
3.5 44 103 10 13
7 290 770 24 53
14 241 675 28 68
21 360 991 29 58
28 475 1365 25 47
Totals 1422 3933 123 247 3933X(123+247)=1,455,210

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。














2011 CQ World Wide DX RTTY Contest

9月24日〜25日 48時間 SOABH
秋に入って急に10mバンドに活況が出て来ました。バンド中の混雑が激しくてCQを出す隙間を探すのが大変でした。
私の参加は、健康が第一なので、何時もと同じ生活をしながら参加しています。普段通りに晩酌も食事もして、寝る時間も何時もと同じにして参加していますが、久しぶりにハイスコアになりました。
Category: Single Op. All Band High power
Band QSO Points Zone Country Sta. Score
3.5 0 - - - -
7 70 183 13 14 20
14 160 463 19 49 6
21 340 972 23 60 38
28 364 1058 25 56 34
Totals 934 2649 80 179 98 2649X(80+179+95)=945,693

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。

















2010 CQ World Wide DX Contest CW

2009年11月28日〜29日 SOABH
再び黒点がゼロの日が続いている最中なので大した期待もせずに年中行事に参加の形でした。しかし始まってみると矢張り圧倒的な参加者の効果か終わってみれば久しぶりに1300局に迫るノビで嬉しい結果でした。 相変わらず28Mが寂しかったし、21Mも開ける時間が短かったのが今を物語っている現実でした。14Mも夜は早々と聞こえなくなって終う今年の傾向は同じでしたが、夜間は7Mが楽しめたのが数の大きな力でした。全バンドを通して出来なかったのは、Zone 2, 36, 37, 38, 39, 40、この内Zone37 40は聞こえたけど出来なかったので残念でした。
Band QSO Points Zone Country Score
1.8 15 23 9 9
3.5 26 65 9 9
7 202 514 29 56
14 404 1152 26 49
21 153 419 24 42
28 15 37 10 12
Totals 815 2210 107 177 2210X(107+177)=627,640

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。














2010 CQ World Wide DX RTTY Contest

9月25日〜26日 SOABH
最近のコンディションとしては悪く無かったのですが、初日の土曜日にいわき市に所用が有って夕方帰宅後の参加でした。 その上、作り掛けの基板工作や箱入れなどを行ってしまい、不真面目な参加でした。
Category: Single Op. All Band High power
Band QSO Points Zone Country Sta. Score
3.5 2 2 1 1 0
7 17 42 7 6 6
14 153 426 20 40 29
21 195 557 22 45 19
28 4 11 3 3 0
Totals 371 1038 53 95 54 1038X(53+95+54)=209,676

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。

















2009 CQ World Wide DX Contest CW

2009年11月28日〜29日 SOABH
再び黒点がゼロの日が続いている最中なので大した期待もせずに年中行事に参加の形でした。しかし始まってみると矢張り圧倒的な参加者の効果か終わってみれば久しぶりに1300局に迫るノビで嬉しい結果でした。 相変わらず28Mが寂しかったし、21Mも開ける時間が短かったのが今を物語っている現実でした。14Mも夜は早々と聞こえなくなって終う今年の傾向は同じでしたが、夜間は7Mが楽しめたのが数の大きな力でした。全バンドを通して出来なかったのは、Zone 2, 36, 37, 38, 39, 40、この内Zone37 40は聞こえたけど出来なかったので残念でした。
Band QSO Points Zone Country Score
1.8 19 28 9 8
3.5 59 124 17 22
7 467 1244 28 80
14 548 1466 28 80
21 180 439 29 46
28 21 45 8 10
Totals 1294 3346 119 239 3346X(119+238)=1,197,868

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。














2009 CQ World Wide DX Contest Phone

2009年10月24日〜25日 SOABH
滅多に参加しないSSBのコンテストに参加してしまいました。何気なく始まったのですが、コンディションが良かったので調子に乗って最後までやってしまいました。
ただ、私のシャックは我が家のベッドルームと同居なので夜中は出来ません。その中で主な稼ぎが夜中の7Mで119局は上出来でした。
また、近頃には珍しく21Mが開けて14と同等に出来たのも驚きでした。
Band QSO Points Zone Country Score
3.5 1 1 1
7 119 23 41
14 296 27 62
21 257 28 63
28 42 11 17
Totals 715 1857 90 184 1857X(90+181)=508,818

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。














2009 CQ World Wide DX RTTY Contest

9月26日〜27日 SOABH
最近のコンディションとしては結構開けた様に思いましたが、相変わらず28Mが悪かった結果でした。 
運動不足が出たのでしょうが、一所懸命になればなるほど肩こりが原因らしい頭痛で悩まされました。
Category: Single Op. All Band High power
Band QSO Points Zone Country Sta. Score
3.5 4 4 1 1 0
7 107 285 17 20 17
14 402 1149 26 69 38
21 105 292 28 47 7
28 2 6 1 1 0
Totals 620 1736 73 138 62 1736X(73+138+62)=473,928

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。

















2009 CQ World Wide 160m CW Contest


2009/01/29〜1/30 160メーターバンドのコンテストに参加しました。昨年春に作った受信用のループアンテナが役立ちました。

エントリーは Single Op Higt Power
スコアー
QSO Points Country Prv. Score
36 325 13 11 7,800
このコンテストには、WriteLog を使って参加しました。

昨年受信用ループアンテナを下ろしてしまったので聞こえる範囲での参加でした。
















2008 CQ World Wide DX Contest CW

2008年11月29日〜30日 SOABH
サンスポット最低の状態から抜け出られない状態で、昨年と同様なのどん底コンディションが続いていたが、今年もマジックコンディションがコンテストを盛り上げてくれました。何と言っても早朝の北米が開けたことで14のカウント稼ぎになりました。ヨーロッパは21では何も聞こえず、14も夕方の一時で早々と何も聞こえない状態となりました。しかしその頃から40mで北米から連続で呼ばれました。そのためアンテナは北米方向に向けたままとなって数稼ぎをして、時々ヨーロッパへ向けて一応昨年並みのマルチを拾いました。また昨年と比べて特に21が悪かったため、マルチの合計数減少は痛手でした。
Band QSO Points Zone Country Score
1.8 30 55 10 13
3.5 68 167 19 24
7 296 808 25 45
14 747 2077 28 67
21 46 113 16 20
28 24 63 8 12
Totals 1211 3283 106 181 3283X(106+181)=942,221

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。












2007 CQ World Wide DX Contest CW

2007年11月24日〜25日 SOABH
サンスポット最低期Kのどん底で殆ど毎日何も聞こえない様な日々が続いていたが不思議とこのコンテストには結構DX局が聞こえてくる。しかし矢張り最低期には違いがない、ヨーロッパの開けている時間帯も夕方の一時で早々と何も聞こえない状態となり、夜中の40mで少しは稼いだが何とも心細い結果であった。24日、25日朝の北米方向は大した成果が無かったのだが、26日朝、終了間際の8:00〜8:59の1時間に120局を越えるQSOが出来て何とか865局まで延ばせた。SSNの低下と共にアンテナ設備の貧弱さがまともに響いたポイントでした。
Band QSO Points Zone Country Score
1.8 21 36 9 12
3.5 57 124 18 25
7 127 326 27 46
14 512 1447 28 70
21 141 358 25 39
28 7 18 4 4
Totals 865 2309 111 196 3458X(111+196)=708,863

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。













2006 CQ World Wide DX Contest CW

2006年11月29日〜30日 SOABH
非常にメジャーなコンテストなのだが、毎年この時期には色々と忙しい事が多く、2003年以来久々の完全参加でした。
サンスポット最低期に入っている中でいわゆる「コンテストコンディション」に恵まれた感じでした。休み休みの参加した割には、1154局まで伸びたので驚いています。
Band QSO Points Zone Country Score
1.8 26 11 10
3.5 42 13 15
7 222 26 54
14 660 36 94
21 316 29 55
28 25 12 17
Totals 1291 3458 127 245 3458X(127+245)=1,286,376

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。














2005 CQ World Wide DX RTTY Contest

9月24日〜25日 SOABH
今年は、二日目の日曜日に福島市でボランティア関係の会議があって朝から夕方まで出掛けた為に、肝心の北米方向でロスが目立ちました。
最初は1000局を目標に考えて始めたのですが結局900局にも達せずに終わりました。
Category: Single Op. All Band High power
Band QSO Points Zone Country Sta. Score
3.5 4 7 3 3 0
7 87 235 21 32 12
14 409 1157 29 76 34
21 361 1026 29 75 20
28 30 73 11 18 0
Totals 891 2498 93 204 66 2498X(93+204+66)=906,774

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。








2005 CQ World Wide 160m CW Contest


2005/01/29〜1/30 160メーターバンドのコンテストに参加しました。昨年春に作った受信用のループアンテナが役立ちました。

エントリーは Single Op Higt Power
スコアー
QSO Points Country Score
99 685 27 18,495
このコンテストには、N1MM Logger を使って参加しました。

本気になって、追いかけた訳では無いので努力すればもう少しスコアが伸びそうに思いますが、更なる受信系の改善が必要と感じています。
何と言ってもこのバンドは受信能力がカギを握るので今後も受信アンテナの検討を続けたいと思います。
















2004 CQ World Wide DX RTTY Contest

9月25日〜27日 SOABH
今回は初日出だしで所用が有って不参加でした。 出だしで躓くとあとの気が乗りません。
全く不本意な成績でしたが参加を果たしました。
Band QSO Points Zone Country Sta. Score
3.5 3 3 1 1 0
7 55 137 15 18 11
14 211 592 20 49 11
21 85 233 18 32 14
28 11 29 8 11 0
Totals 353 994 62 111 51 994X(62+111+51)=222,656

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。









2003 CQ World Wide DX Contest CW

11月29日〜30日 SOABH
久しぶりに乗ったので出来るところまでやろうと頑張って1000局を越えました。WWで100万点突破は夢でした。
Band QSO Points Zone Country Score
1.8 14 21 7 8
3.5 55 113 17 31
7 265 708 28 64
14 214 587 28 72
21 441 1254 28 68
28 168 458 23 33
Totals 1154 3141 131 276 3141X(131+276)=1,278,387

このコンテストには"zLog"を使って参加しました。














2003 CQ World Wide DX RTTY Contest

9月27日〜28日 SOABH
さすがはWWです。RTTYといえども1000局に迫りました。参加者の多さが結果に繋がったと思います
Band QSO Points Zone Country Sta. Score
3.5 4 6 2 2 1
7 54 118 15 15 10
14 313 871 26 65 13
21 504 1430 27 74 41
28 60 166 21 22 17
Totals 937 2591 91 178 82 2591X(91+178+82)=909,441

このコンテストには"WriteLog"を使って参加しました。












2002 CQ World Wide DX Contest CW

11月23日〜24日 SOABH
体調のせいか今回はあまり気乗りがしなかったので途中リタイヤしてしまいました。
Band QSO Points Zone Country Score
1.8 8 14 4 3
3.5 20 52 7 7
7 53 134 17 26
14 87 219 24 45
21 183 467 24 54
28 56 116 17 23
Totals 407 1002 93 158 1002X(93+158)=251,502

このコンテストには"zLog"を使って参加しました。


2001 CQ World Wide DX Contest CW に参加しました

11月24日〜11月25日
11月25日は、JARL 評議員会が決まっていましたので、最初から参加の予定は有りませんでした。
25日の評議員会が終了し、秋葉原で買い物の後、新幹線で帰り着いたのは既に午後10時を過ぎていました。
一休みした後、1.8MHzで聞こえる局を呼んでいましたが、12時過ぎにコンデションの上昇を感じて"CQ"を出し、Wからのコールに答えて居ましたが、呼んで来る局の間で、"4"の数字が時々聞き取れます。少しして呼んで来る局が途絶えた所で、暫くこの"4"に聞き耳を立てました。
程なく、これが"4X3A"と分かり、直ぐにコールしてQSO、途端にUA0がこれを呼び始めました。何度目かに応答が有ってQSO、この後、JAが呼ぶかと思ったのですが、なんとUAを呼んでいます。UA0は自分の周波数ではないのでたちどころに退散してしまっています。4X3AからJAにナンバーを送っていますが、このJA局はそれに気付かず、間もなくコンディションが落ちて聞こえなくなりました。こんな時間に"4X"が聞こえるとは思いもよらない事でしたが、QSL MGRのWA4WTGからカードが届きましたので間違いでは有りませんでした。
参考に最下欄に掲載致しました。

元々、参加の予定は無かったのですが、24日土曜日に聞いた時、いつものクセで少し参加していました。
少しでも参加したのだから報告は出す事にして、スコアーを纏め、Cabrilフォーマットに変換してe-Mailで発信しました。
冷やかし参加の範囲ですが、当日のスコアーを以下に掲載します。
Band QSO Points Zone Country Score
1.8 26 56 7 6
3.5 11 25 9 10
7 41 97 17 19
14 13 35 6 9
21 23 61 8 15
28 77 199 20 32
Totals 191 473 67 91 74734

このコンテストには"zLog"を使って参加しました。












2002 CQ World Wide 160m CW Contest


2002/01/26〜27 160メーターバンドのコンテストに初めて参加してみた。昨年春に作ったアンテナが結構上手く波が乗るのに気をよくして、トライしてみた訳だ。
エントリーは Single Op Higt Power

スコアー
QSO Points Multi Score
71 407 13 5291

160m Bandの経験が浅いので、この結果がどの程度のレベルかも分からないし、コンディションの善し悪しよりも、この位しか聞こえなかったと言うのが正しい評価だろう。
朝、起きられない当局としては、夜に出来る範囲が全てである。
初日の稼ぎは50局迄に達した。ところが、二日目の晩は聞こえる局の全てが昨夜QSOした局ばかり、3時間も粘って全く進まない状態だった。15z前後になって、やっとVEが聞こえたり、一寸楽しめたが、ほんの一時で、この後はコンディションが極端に低下してお終いとなった。
まあ、「参加した事に意義あり」と言う事で、初体験は終わった。

今回も、前回のStew Perry Top Bandも含めて、耳の改良が一つの鍵を握って居そうだと感じた。
受信専用アンテナの必要性を思い知らされた。
今年の秋までには何かやってみる必要が有る様だ