2002年 Mix HR #1 達成
2015年 SSB HR #1達成
JA7IC
Challenging DXCC
赤、太文字はDXCCオナーロール
Mode/Band 青、太文字はDXCCアワードの受賞を示します
クレジット数は、2016年12月10日にARRLから公表された
数値です。

Confirmedは2016年12月10日現在の数値です。
ConfirmedにはLoTWに依るクレジットも含みます
現存エンティテー数=340、オナーロール資格は328以上です  
 初めてのDXQSOは、1957年、ハワイのKH6CHUと7MHzSSB(こちらはAM)でした。以来DXには常に興味を持ち続けました。
 町田市でJG1BBLを開局して100ワット出せる様になった頃、1975年にCWDXCCがスタートしましたが都会生活のなかで、カントリー数を増やすのは難しい事でした。狭いアパートの茶の間では声を出すと子供が「テレビの音が聞こえない、うるさい・・」と言う事で、自然ヘッドフォンとキーの組み合わせでCWが主体になりした。 1982年にCWDXCCを得ましたが、ここまでの道のりは大変に遠く長い道のりでした。
 サラリーマンが家に帰ってから、たまに見つける珍局をゲット出来るチャンスにはなかなか巡り会えなかったからです。
 その後も少しずつ、たゆまず続けた結果が上の数字です。最近はパワーも増え、時間も出来ましたので、増加係数も上がりました。
 2002年待望の全カントリーとQSOが完了、ARRLのクレジットを得て全カントリー(全エンティテー)QSLを完成しました。その後に誕生したニューエンティテーも含めてナンバーワンを維持しています。
 2015年、N1K (KP1)とQSO出来てPhone#1達成しました。

 次の目標はCW#1達成とRTTYのオナーロールです。CWはP5が残って居ますが、QSOの見通しは絶望的です。 
 また、Digital modeのオナーロール入りがもう一つの目標です。 
Mode
Band
DXCC Credited Confirmed
Current Totals Current Totals
Challenge Aw. 2586
. 2586
Mix 337
351 337 351
CW  336
350 336 350
Phone 337
344 337 344
Digital 322
328 322 328
160m 114 117 114 117
80m 175 180 175 180
40m 297 305 297 305
30m 289 294 289 295
20m 337 348 337 348
17m 325 333 325 333
15m 334 345 334 345
12m 301 308 301 308
10m 311 319 311 319
6m 85 85 85 85

DXCC Nr. 1の盾
2002年8月 (25.4x30.5cm)
5Band DXCC賞の盾
No.4663 Nov. 1998 (22.9x30.1cm)

2017,03,31 ARRLは、KH4/Wake I. と KH6K/Kure I.をデリートしたと
発表しましたので現存数は337となりました。
上表は、消滅エンティテーを差し引いた数値に改訂しました

現在、残りエンティテー
 Mix   : 
現存する全エンティテーをコンファームしました。
 CW   : P5が未交信で残っています。
 Phone : KP1 は、K1Nと交信出来て、LoTWでQSLが得られ、No.1達成!
 Digital : RTTYモードは、Digitalモードと改名されましたので本表でも変更済みです。

       
DXCCのバッジです。
'15/Sep.写真をリニューアルしました。

上左から    : Honor Roll   #1 HR
2段目左から : Mix, Phone, CW, RTTY
3段目左から : 17m, 15m, 12m, 10m
下段左から  : 5Band, 80m, 40m, 20m

この写真の他に160m, 30mがあります。
Honor Rollは、Mixの他にCW, Phone, Digital等が有りますが、バッジは1個で、特にMixなどの文言の記載は有りません。
同様に#1に特別に記載が無く、貰ったのもこの1個のみでした。

Back to Top

DXCC管理表
DXCCの管理に便利な表を紹介